世は並べて事も無し ホーム » スポンサー広告 » ただの日記 »MarySueっていわれましたが

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

MarySueっていわれましたが  

なんか今日はレポートっぽい

「MarySueっていわれましたが・お前のために描いてるわけじゃないって知ってる?」
とりあえずわかりやすい関連資料:
Wikipedia「Mary Sue」
Mary Sueテスト
Mary Sueとは何か?

1、事の発端
ウチの本の発行部数もじわじわと増え、感想等も以前に比べてたくさん頂くようになりました。
ここでの拍手コメントももちろんそうですが、たまにわざわざメールで感想をもらう事もあります。
本当にありがたいことです。
そんな中、謎めいた感想を頂きました。
日本語が拙かったので外人か、もしくは日本語の下手な日本人からかまぁその辺はちょっとわからないんですが
ウチのこぁーずシリーズについてキャラクター(特にデュオ)の設定というかそういうものを細かくあげて
「つまりこのキャラクターはMarySueであるため読んでいて非常に不快だからもうやめろ」的な事を言われました。
まぁ結論から言いますと「嫌なら読むな、俺は描く」って話なんですが、この「MarySue」という単語が
どうも聞きなれないというかよくわかんないのでちょっと調べたり考えたりしてみました。
そのレポートです。でもレポートの書き方忘れてるんでなんか適当な文章になりました。
ぶっちゃけwikipedia読んだほうがいいかも知れませんね。
つか普通にメジャーな言葉らしいですね。知ってる人は前半スルーでお願いします。

2、MarySue。
メアリー・スーと読みます。人名です。
意味するところは「二次創作に登場する、作者自身(ないしその欲望)が投影された上にその作者自身が愛しちゃってる、完全無欠万能なオリジナルキャラ」って所でしょうか。
調べたところによると語源はスタートレックの二次創作作品に登場する無敵少女艦長の名前で、どうやらその作者と同じ名前だとかなんとか。
ははぁー。
「無敵少女艦長」って響きがちょっと好きだったのはまぁおいとく事として。
あのものすごい選手層と歴史を誇るアメリカの二次創作社会では結構古いというかメジャーな言葉らしい。
そして彼らはこのMarySueを極度に嫌がるらしいです。投稿サイトのトップに「MarySueお断り」とかそんな感じらしいです。
なるほどなるほど、つまり書いてる側は「うおおおおおお俺TUEEEEEEEE!!かっこいい!!」とかフィーバーしちゃってて、
対して読む側は「…はぁ、このオリキャラいてェっすね」ってなるあれか。
最近のスパロボオリジナル勢にことごとく感じるあれか。
ただ、二次創作に出てくるオリキャラに限定されて、オリジナルの作品でそんなキャラがでてもMarySueじゃないらしい。
二次三次とかのメジャーシリーズだとMarySueでOGだったらいいわけか?
はぁ、そこだけちょっと意味がわかりませんが。まぁおいとこう。
詳しくはWikipedia「Mary Sue」Mary Sueとは何か?に任せます。
最近で言う中二病に近いのかな?
え、俺中二病大好きなんですけどどうすればいいの。

3、こぁーずはMarySueなのか。
Wikipedia「Mary Sue」の「メアリー・スーの例」など参考に。
なるほどここで言う原作改変メアリー、恋愛対象メアリー、悪役メアリー、家族メアリーにバッチリ当てはまりますね。
ついでにさくっとMary Sueテストでこぁーずの主人公であるデュオをテストしてみましょう。
間違いなくチェックが入る項目は以下のとおり。
・XXXという名前を考えるのにまる一日以上かかった
(Core2Duoやビッグデュオ、サイバーコップの敵とかネタの刷り合わせに結構)
・そのキャラの名前はXXXという名前でなければならない理由がある
(ビッグコアシリーズから取ってるのでその名前でなければならないんじゃなかろか)
・千年以上生きているが魔法などの何かの理由でそのくらい(10代から20代前半)の年に見える
(悪魔ですし…具体的な年齢は設定してないけど1000年くらいザラじゃないっすかね)
・このストーリーの最後の敵の関係者である
(詳しくはまだ考えてないけど関係者…うーん、関係者かなぁ)
・過去の記憶がない。
(というかいろいろと設定してない)
・異世界から来た
(魔界から幻想郷に召喚されました)
・登場人物のだれか、あるいは他のオリジナルキャラの誰かと恋に落ちる。
(大妖精、パチュリーさま、とっきゅん)
・あなたのキャラが世界を救う
(たぶんね)
・あなたは、今書いた物語の後日談も書こうと思っている。
(思っています)
評価は17点「0~24点 このくらいは問題ないでしょう。誰の小説でも多少はあるものです」とのこと。
ただ、ちと怪しげな項目がいくつか。
・漢字ではXXXと書くがYYYと読む
(Mk-IIマークツーをデュオってギリシャ語にしてるけど、元々ギリシャ数字だからいいかなあ)
・美形である
(どうだろう?w美形というよりかわいいのイメージで描いてるつもりではある)
・髪の毛の色が通常ではあり得ない色である。
(深紅だもんなぁ…でも赤毛のデフォルメと思えばいい事だし)
・養子であるか、本当の親ではない人に育てられた。
(親の設定してないけどどうしようw)
・クローンか双子であり、もう片方はあなたのキャラとは違って社会的に認められている。(同じクローンが何百人もいてあなたのキャラがその中の一人にすぎないのなら、チェックしなくてよい)
(ダメな子ネオがいるけど恐らくこの項目の裏としてチェックするべきだよなぁ)
・その他の超能力がある。
(超能力の塊だけど東方界じゃその程度は普通どころかザコ扱いっすから)
・初対面の人とすぐ友達となるか、あるいは猛烈に拒否されるかのどちらかだ。
(程度モンだけど…どうだろうか。大妖精ともぱっちゅんとも初対面のシーン描いてないけど。朱鷺子はそうだったし)
これらにもチェックを入れて評価すると38点。
「25~60点 このテストをやっていて、自分でイタさを感じたでしょう。そしてなぜそう感じたかもわかるでしょう。それを直して、もっと客観的にものを見る癖をつけましょう。素人ほど小説を一人称で書いてはいけません。」
うーむ。なにこの微妙すぎる結果。驚きも出来ねぇ。
とりあえずMarySueじゃないって事でいいの?ううむ。
あとちっとも痛くなかったぜ。麻痺ってるのだろうか。

4、MarySueだからどうしたというのか。
どの文献読んでも総じて「別に悪くないけど、読者はあなたと同じじゃないのだから、批判は覚悟しとけ」的な感じです。
あとは「ほら、痛いでしょ?」とかそのくらい。
はぁ、なら何でそんなに嫌うのですかと。
なんか色んなサイトや文献を読んでも、最初は「MarySueってのがあってね!だめなの!いたいの!」って言うんですけど最後の方になると「いやまぁ別に好きにすればぁ?」的にぐずぐずな感じ…。
あとは「小説としての質が低い」とか「それは小説ではない」とか。
なんかイマイチぴんとこないんですが、よくよく考えてみれば俺は別にそういうことに対してなんら問題だとは思ってないから仕方ないですね。
大体「あなたの作品はこれこれこういう基準に照らし合わせてこのように認定されるのでこのような評価になります」とか言われても「それがどうかしたんですか?」ってしか返せませんよね。
「お前の漫画中二病だよ」って言われても「中ニだと何か問題なの?」としか言いようがないですよね。

5、創作に対するスタンス。
恐らくこのMarySueを問題視し忌み嫌う人たちと決定的に違うのは創作へのスタンスです。
俺は歴史に残る名著が書きたいわけでもなければ、より高尚な作品を書きたいわけでもなく、誰かに何かを訴えたいがために書いてるわけでもないです。
ただ自分が描いてて楽しいから描いてるわけで、それを見て楽しんでくれてる人もいるから一緒に楽しもうって話です。
以前俺の本を読んでくれた人から「まるで玩具箱のようで楽しかった」という感想を頂いてすごく嬉しかった覚えがあります。
まさに俺の二次創作は玩具箱をひっくり返して遊んでいるようなものです。
DX戦隊ロボや勇者ロボ、怪獣ソフビ、トランスフォーマー、なりきり変身セットなどがごちゃごちゃと入ってて、
その中から「今日はダガーンとダイナザウラーの戦いだ!ぎゅおおーん!がしーん!」ってやって遊ぶのと大差ありません。
そこにレゴやダイヤ、今だとアソブロックで作ったオリジナルロボが登場することなんてザラです。
それでそのオリジナルロボに「これは元々アナハイムが秘密裏に開発してたロストナンバーのガンダムでー、ジオニック系の外観だけどフレームはZ計画のを引き継いだ可変構造でー」とか無茶苦茶な設定をつけたっていいじゃないのと。
つまり子供のごっこ遊びなんですよ俺の作品作りって。人の作品を見るときもそうです。
更に言えば俺にとって作品の評価は「良い・悪い」ではなく「面白い・つまらない」です。
で、面白いとかつまらないとかって別にクッション置かないじゃないですか。
「この作品はこれこれこうで、こうなってるから面白い」とか言わないでしょう。
だからMarySueのような「認定」みたいなものって全然わからないんですよね。
MarySueでも面白い物は面白いし、逆にMarySueじゃなくてもつまらない物はつまらないわけで。
作家側に対する一種のガイドライン的なものになり得るかもしれないけど、そんなガイドラインに沿わないからって内容を変えるような根性なら最初っから作家活動なんかしなきゃいいと思うんですけどね。
書く側は書きたいものを書きたいように書く!
読む側は読みたいものを読みたいように読む!

6、まとめ
好きなら読む、嫌いなら読まない。好きなら応援メッセージを送る、嫌いなら送らない。
それでいいじゃない。
作品の分析までして「あなたのこのキャラはMarySueだから不快です」とか。
不快なら不快でいいから二度と読まなければそれでいいじゃない。
俺は楽しく描いてるんだから、読んで楽しくないなら俺とは絶対相容れないんだから。
と、思いました。
俺は俺の作品が好きな人のために書いてるわけであって、俺の作品が嫌いな人のためには書きません。
俺の作品が好きな人の筆頭はもちろん俺自身です。
おわりっ。

さいごに、今回調べたりして一番気になった点はことごとく小説小説というところでした。
脚本・シナリオについてであれば漫画や映画などにも幅広く使えるはずなのに。
まぁ単にでてきた畑の問題なんだろうけど、不思議。

つーかなにこの無駄クセェ長文(;´Д`)

追記
やっぱ掲示板潰す事にしました、ってか潰しました
代わりに要望のあった絵茶おいときました
しかしアレね、初めて絵茶とか触ってみたけどレイヤーと筆圧感知に頼りきった生活してたから
めっちゃくちゃムズイね
少しずつ練習していこうと思います
とりあえず初めての絵茶はけーね描いてみた、うん、むずいわ(;´Д`)
ちゃんと色んなところで描けるようになろうと思った

category: ただの日記

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohanabe.blog3.fc2.com/tb.php/700-19513e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

同人誌委託販売

同人誌DL販売

サブサイト

ニコニココミュ

Pixiv

ニコニコ静画

Instagram

アルバム

月刊誌企画(更新終了)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。