世は並べて事も無し ホーム » スポンサー広告 » 読者参加企画 »「人形遣いの館にガサ入れ」第5回

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「人形遣いの館にガサ入れ」第5回  

あ、今日ラジオの日です。
一応言っとく。

PBW途中参戦者は長閑、ラップ、シルフィアーナの三名に決まりました。
第5ターンからの参戦となります。
詳しくはPBW用BBSのシナリオスレ、第5ターン開始宣言書き込みを参照してください。
これに伴いPC名簿が更新されました。

というわけで第4ターンリアクションです。

<「人形遣いの館にガサ入れ」第4ターンリアクション>
[スリープ:美流(ねぐら)、RSK(玄関前)、トリニティ(玄関前)、エクセル(庭)、ロティス(ポスト)]

【ファーレはお酒が来るのを待った】
「あい、冷酒」
カウンターにはキンキンに冷えた小さいガラスビンとグラスが置かれた。
ラベルには『生貯蔵酒 夜雀』と書いてある。どこかの酒造と契約してるのだろうか…。

【ポーリーンは枕を抱えたままアリスの館に向かって飛んで行った】
[枕]を手に入れた。

【フェスティは持っている針金を10センチずつ2本ねじって切り取った】
[針金10cm*2]を手に入れた。

【翠露はドアから一番近い植木を調べた】
植木は100cmくらいの若いシマトネリコのようだ。
特に変哲はない。

【ランナはルッコラと朝花を助けようと声をかけた】
【朝花はランナとルッコラに返答した】
ラ「ゴメンネ、私がぶつかっちゃたせいで。二人とも立てる?」
朝「あいたたた……あ、ありがとうございます」
ル「え……っと? あ、ありがとう」
朝「こちらこそごめんなさいです…」
朝「お2人こそ大丈夫でしたか?」
ラ「ところで、みんな集まって何してるの?」
朝「えっと……自分やみんなは、
この家に『願いのかなう宝』があると聞いたので、
今この家に侵入する方法を探している最中なんです」
ル「あたしは、なんか面白そうなことやってるから来てみたんだけど……、
 こういう所にはいるにはコツがあるって、お姉さまは言ってたわ!」
朝「ところでお2人のお名前は?」
ル「あたしはルッコラ。チルノちゃんより最強の妖精よ!」

【キリュウはからたまに近づいて声をかけた】
「よ~うせいさん、ようせいさん。その手に持った卵納豆。
ひとつー、わたしにくださいな。」
しかしからたまはそれに気付いていないのか、しゃがみ込んで泣いている。

【こよみは屋根の少し上くらいまで高度を下げた】
周りの連中は相変わらずである。

【からたまはその場にしゃがみ込んで静かに涙を流した。】
話しかけているキリュウなどおかまいなしである。

【アキュナは窓が開くかどうか調べることにした】
答えはすぐに出た。
外からでも鍵がかかっているのが見えるのだ。
それに先ほどのアリスの行動を見る限り、無理やり開けようとしないのが吉である。

【チーズはきのこを恐る恐るかじった】
味は少し甘みのあるシメジ的なもので、一言で言えばおいしかった。
すると大きな蛍光緑の電柱が空から降ってきて
「今日の英語の授業マジだるいよね」
と吐き捨てるように呟くとゆっくり回転しながら地面にもぐっていった。
何事かと呆然としていたら、次はオレンジ色の巨大なビンが転がってくる。
中には鳩がたくさん入っており、チーズの目の前で蓋が開き、鳩の大群が飛び立った。
その中の一羽、真っ青な鳩がチーズの肩に止まり
「まぁ俺としては、ちょっと天井が高すぎる気がするんだよね?」
そういって空へと舞い上がっていった。
気が付けばなんか両側から灰色の壁が迫ってきており、このままではつぶされてしまう。
と、その時。
地面がくるりと一回転し、チーズは地面の裏側へ落ちていった。
気が付いたら地面に横になったまま体育すわりの体勢でびくんびくんと痙攣していた。
目の前にはかじりかけのキノコが落ちている。
チーズは今日、食べてはいけないキノコを一つ覚えた。
[愉快げなキノコ]を1つ手に入れました。

【リセスは試しに傘立てを動かしてみた】
持ち上げるには重たいが、傾けて位置をずらすことはできた。
しかし、特になにもなかった。

【ウォーラーは屋台の前で途方に暮れていた】
ぽつーん。

【はりまはバケツを調べた】
その辺にもあるようなただのアルミバケツだ。

【零は降りて玄関近くにいる翠露に話を聞いた】
「すみません。あの、玄関は開きそうですか?」
翠露はなにやら植木をいじくりまわしているみたいだ。

【ルシーは屋台の客を挑発した】
「あら、あさはかはどっちかしらね。自分の常識でしか物事を考えられないようじゃ
いつまでも1ボス程度のザコ妖怪よね。
そんなんじゃあっちの妖精たちに出番を取られちゃう日もそう遠くないかもねー。
ま、ただの酔っ払い妖精の独り言だけど」
と、顔を上げると大中小さまざまな蟲という蟲があごをキチキチと鳴らしながらルシーの眼前に迫っていた。
「あー、りぐるん、手足は私のねー」
「ちょっとリグルー、まだこの子からお代もらってないんだけどー」
「ザコ妖精が金なんか持ってるわけないっしょ、みんな、やっちゃえ!」
なんかいろいろとレーティングに引っかかる光景が繰り広げられた。
そしてルシーが再び目覚めたのは自分のねぐらだった。
※ルシーは死亡、ねぐらで復活しました。次の行動は「アリスの館に向かう」的なものでおねがいします。

【ストラ、隅でいじける】
いじいじ。

【ハッシーは玄関へと向かった】
玄関ではいまだにごちゃごちゃとやっている。

【さっちゃんは玄関マットをめくってみた】
するとそこには玄関のドアノブと同じ金色の鍵が落ちていた。
[金色の鍵]を手に入れた。

【ルッコラは、鍵穴を押さえて、その中に弾を撃ち込んでみます】
バシィッという衝撃があり、ルッコラは手を痛めた。
どうやら扉表面のバリアに弾がはじかれ、自身に帰ってきたらしい。

今日は午後からハリウッド行ってきます。
針を打つ所がなまった言葉です。

はくしゅー
>23:05 ディケイドの最終回はテレビ放送の最終回だったようだw
しかし、真 剣崎のブレイドはキングフォームだったのに
真 渡のキバはノーマルフォームだったのはなぜだw
アポロさんは出しゃばってた割に、最後あっけなさすぎるw by 天人 昴さん

最終話まであと3ヶ月半待たなきゃいけないのめんどいです。

>17:42 途中参加の倍率はどのくらいになりましたか?
ふふふ。

げんこうぐわー。

category: 読者参加企画

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohanabe.blog3.fc2.com/tb.php/858-647733f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

同人誌委託販売

同人誌DL販売

サブサイト

ニコニココミュ

Pixiv

ニコニコ静画

Instagram

アルバム

月刊誌企画(更新終了)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。