世は並べて事も無し ホーム » スポンサー広告 » イラスト »ちょっとした話をしよう。長いぞ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ちょっとした話をしよう。長いぞ。  

その前に絵がないとさみしいので原稿からめいりん。
091117genko.jpg
原稿終わりそうになくなったので今日からがんばる。

お話の前にはくしゅ
>12:48 大佐って何故大佐なんですか? by 羅修励さん
・少将とかだとかっこわるくね?だから大佐。

>21:25 ゆうかりん×メガトロン様って…なんつう怖い組み合わせや…ある意味最悪のコンビですね
デストロン(ロボット界の吉本)の連中は星蓮船の連中が似合ったりしてw(ならスタスク様はりぐるん?)
実は子供の頃「レーザーウェーブ(G1)」のおもちゃ持ってました(遊びすぎて壊れましたが)
サイバトロンでも「スペリオン」はOkな自分ってどう思いますか? by 死神(蜂蜜)熊さんさん

・スペリオンハムテキ。デバスタータオス。

>21:55 今回のヒーロータイム、片手で扱う新兵器猛牛バスーカ、何この合体シンケンゴヨーダー
ヒートジョーカーのマキシマムドライブでメトロンもどきをタコ殴り、キリヒコのセクシーヌードシャワーシーン…なかなかだった。個人的に今回の妖怪、声と戦略だけなら勝てる気がしない。
だって東方不敗だしw
あと、映画ビギンズナイトの宣伝、おやっさんのドライバー…どうみてもダブルドライバーのシングル版、バランス悪いってw by 天人 昴さん

・日曜の朝とか超寝てた。

>22:10 久しぶりに拍手したらこぁじゃなくなってて驚いたw
猫と戯れる美鈴いいですね~(猫が二匹ともかわいすぎるw)
そういや、私の学校で新型インフルが流行ってきたみたいで、大佐さんも新型はもちろん体調にはお気をつけて。
原稿頑張ってください!
P.S.
星蓮船をやってから寅丸にはまってしまい…(おもちかry←)
そこで、大佐さんに寅を描いてもらいたいなぁとか思ったりしちゃったり←
いつか時間ができた時にでもよろしくお願いしますm(__)m by 紅魔さん

・寅丸って誰…?富樫の相方…?
セーレンセンはまだインストールすらしてないんだ。開ける前にふとしに貸したっきりなんだ。
どっちみちやってる時間ないしね!すまんがそのリクは受けられないんだぜ。

>9:52 !
・なるほど。

さて。

今日はそれなりにマジメっぽい話。
というかこないだラジオでやった話。
1と2は前置きなんでさっさと本題やれって人は3まで飛んでください。

1.はじめに。合同誌について。
合同誌ってあるじゃん。合同誌って二種類あるじゃん。

1つは身内合同誌。
仲のいい作家さんたちがプライベートレベルで集まって出すやつ。
大抵、仲がいい作家さんたちって活動期間も同じぐらいだったりするわけで
基本的に有名作家さんの身内合同って総じてクオリティが高いわけですよね。
でも、逆に言えば毎回同じ組の身内合同に参加する作家は大体決まってて
あの人とあの人とあの人の新刊が一冊になってるっていうくらいのテンションだったりするわけですよ。

もう1つは公募合同誌。
参加者を公募するやつ。
結果古株からニューフェイスまでが参加する可能性があって、身内合同に比べると
誌内の作品に当たり外れがはげしかったりするわけですよ。
でも、それは逆に言えばそれまで見たことないようないろんな作家さんの作品が読めるわけで
いわば新規開拓ができるわけですよ。

去年の今頃くらいの公募型キャラ合同乱立に関する不満とかについても話したいけどそれはまた今度。

えー、話を戻して。

もう一つ、身内合同と公募合同の最大の違いは「継続性」にあると思います。
身内合同は友達同士でやってるわけで、その関係が切れたりなんてことはそうそうないわけで
じゃあまたやろうぜーみたいなテンションかなんかは知りませんが、同じ面子でたびたび出ますよね。
これに対して公募合同は大抵一回きりで終わります。
あと公募合同は人が多いですから、一緒に参加した人とかもなかなか覚えられませんしね。
それに主催者が有名な方だったりするとおそれおおくて、それをきっかけに交友をというのも難しいです。
一般論でなく俺のことです。笑

つまりそれぞれの特徴をまとめると
公募型→参加しやすい、作品ごとにクオリティがばらつく、一回限り
身内型→参加しにくい(事実上できない)、クオリティが安定する、継続する
ということです。

余談ですが、大抵の公募合同は一旦身内で初期メンバーを固め、そこから公募するという形をとっています。
これにより参加しやすさとクオリティの安定の双方を維持するわけです。
純粋な公募合同ってのは…実在すんのかな…。そんな冒険者はいないと思いますが。

2.公募型合同に参加するということ
さて。
身内型合同のはなしをしても仕方ないので、公募型合同をもっと掘り下げたいとおもいます。

公募型合同を読む側はなぜその本を読むのでしょうか。理由は大きく二つあります。
一つはその合同自体が目的で、もう一つは好きな作家が合同に参加しているからです。
必ずこのどちらか、もしくは両方です。
これは作家にとっては願ってもない事です。
普段自分の作品を読んでくれない人が、ほかの作家の作品と一緒の本に載っているというだけで
読んでくれる可能性があるわけです。
ぶっちゃけ公募型合同に参加するとき、その事を考えなかった人はいないと思います。

つまり合同誌は少なからず作家ごとの知名度を共有することができるわけです。
作家Aのファンと作家Bのファンは重ならないけど、同じ合同誌に参加しているというだけで
BのファンがAの作品に、AのファンがBの作品に触れる機会ができるわけです。
それっていいことじゃん!?じゃんじゃん!?しかもローリスクだぜ。

普通、本を出すには相当のページ数が必要となります。
もちろん少ないページ数で折本にすることも可能ですが、まぁ買う側にしてみれば20Pくらい欲しいものです。
20Pの本を出すには表紙裏表紙があり、中表紙、前書き、後書き、奥付に1Pずつ割いたとして
12Pの本文が必要になります。
12Pの本文に加え、表紙を作ったりノンブル打ったり、印刷所に原稿を持っていってお金を払ったりして
やっとこさ本ができるのです。
体力、金、時間、経験、知識、いろいろなものが要求され、ぶっちゃけやってられません。笑

しかし2ページや3ページなら大した労力じゃないですよね。表紙もいりませんし。
編集も主催がやるので編集知識はいりません。
デジタルにすればお金もいりませんし、主催が印刷所に行く必要もありません。
そもそも売り物にしなければ「これじゃ金とれねーべさ…」ってクオリティに思い悩むこともありません。
というわけで、「デジタル無料合同誌」というのはどうでしょうか。

3.月刊デジタル無料合同誌
まず合同誌なので合同誌としてのメリットがあります。
・○他参加者との知名度の共有。ひいてはファンの新規獲得。
・○ページ数を必要としない。表紙製作や編集作業も必要としない。

これに加えてデジタルであることのメリットとして印刷がらみのリスクが全て取っ払われます。
・○印刷代が必要ない。
・○需要さえあれば無限に供給できる。需要がなくても在庫が発生しない。
・○いくらでもカラーページにできる。ついでにCMYK化による色落ちの心配がない。
・○突然の参加辞退、ページ数変更にもさくっと対応。

デメリットはこんな感じ。
・×無料頒布なので金銭的リターンがない。
  →しかし有料頒布にすると参加者と主催の間に金がらみの問題が発生しかねないので、メリットとも取れる。
・×主催者(編集者)の負担。
  →しょうがない。編集は経験者がとりまわしでやれば個人負担は減るかな。
・×デジタルコピーし放題。
  →こればっかりはもうどうしようもない。

少なくとも参加者にとってはノーリスク・ローリターンってとこじゃないでしょうか。
更にローリターンな部分を補うためにコレを月に一度出すようにします。
これで「・○他参加者との知名度の共有。ひいてはファンの新規獲得。」の部分は大幅に強化できるんじゃないでしょうか。
また月刊にすると連載も可能です。
毎月少しずつでもかきためて行って、それが続けばそれなりの量になります。
そしたらその原稿を取りまとめたものを個人発行するということもできるでしょう。
(デジタルコピーし放題なので個人発行して利益を生むかどうかはまた別問題ですが…)
ほら!アナタもこれで月刊連載作家!!

まぁなんだ、ここまでだらだら喋ってきてなんなんですが。
つまり月刊ナイトバグみたいな事をやるか!と、そういうことだ!
最後の最後でミもフタもなかった!!

4.現状考えてること。
というわけで今のところ考えてることがしがしと。

・企画概要
東方ごちゃまぜ月刊誌。PDFかなんかでそのまま無料でどばっと頒布。HTMLでサイト化してもいいな。
 →頒布形式や編集方法については要検討。権利についても要検討。
イラスト、漫画、小説、コラムなど幅広く。というか作品形式については無法地帯。
固定作家(仮)&投稿募集の二本立て?
 →毎月違う企画でもいいが、拡散しすぎる気がするので身内から固定作家(仮)を配置するべき。
 →固定作家(仮)は何かいてもよし、投稿は企画に沿わねばならないなど差別化を図るべきか?
発行日は固定。月の頭とか。

・投稿規定
原稿サイズ:B5・300dpiくらい?頒布形式にもよる。アナログorカラーは自由。
ページ数:1ページから4ページくらい?要検討。上限を設ける必要はあると思う。もしくは見開き単位にするなど。
年齢指定:全年齢。ジャンプ基準。
ジャンル:東方。募集分についてはそのつどお題を指定。固定作家(仮)は東方ならなんでも自由に。
仕上げクオリティについては不問。鉛筆書きでも充分可とする。
投稿作品は規程に沿っている限りは全て掲載する。
投稿はアップローダーなりメールなりメッセやスカイプなりで適当に。

あとは
原稿フォーマットの作成。
後書きの有無。
表紙担当。
編集担当。
公開用サーバー。
その辺が懸案事項。

5.と、いうわけでですね。
この件について「やるなら参加するけど」とか「ここもうちょっとなんとかならんかね」とか
「こうした方がいいんじゃねーの」とか「ぱくりじゃねーかwww」とか
「編集やりますよ」とか「表紙やりますよ」とか「主催やりますよ」とか
意見要望改善案などありましたらぜひぜひ。
特に「やるなら参加するけど」数は把握したいんで、拍手コメあたりにお願いします。
あとこの件について今夜の9:30からラジオで会議したりとかそんな方向性だと思うんで。
聞ける人はぜひぜひ。
聞けない人も後で報告します。

人が集まるなら俺はやりたい。

なー。

よしラジオまで原稿やる!

category: イラスト

tb: 0   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://yohanabe.blog3.fc2.com/tb.php/909-09ca16e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

同人誌委託販売

同人誌DL販売

サブサイト

ニコニココミュ

Pixiv

ニコニコ静画

Instagram

アルバム

月刊誌企画(更新終了)

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。